お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
お役立ち情報

暑い夏が近づくと暑中見舞いを書かなくてはと思い、正しい書き方はとふと思います。マナー倶楽部より、暑中見舞いの正しい書き方、注意点を教授していただきました。暑中見舞いは、大夏の頃に出す夏の挨拶状です。暑中見舞いは、江戸時代に始まり、年始と同様にお盆にも贈答品を持参して挨拶まわりする風習がありました。その風習も時代と共に簡素化するようになり、郵便制度が確立した大正時代に入ると暑中見舞いをはがきの様な書面で出すようになり、これが今日のような形に定着しました。目上の人には、暑中お見舞いではなく、暑中お伺いで出します。また、相手の安否を尋ねる文章を書く場合には、自身の近況報告を添えて書くことで、相手も安心します。酷暑を乗り切るためにも相手を気遣う言葉を添えると良いでしょう。
暑中見舞いに日付ないものが届く場合がありますが、日付は入れましょう。日付は月日ではなく、年号の後に、盛夏等と書くのが一般的です。残暑見舞いの場合には、晩夏又は葉月や立秋等を使います。

マナー倶楽部で教わる暑中見舞い